根管治療

根管治療が必要な症状

  • 虫歯が進行した激しい痛みがある
  • 顎が腫れ、激しい痛みがある
  • 噛んだ時に激しい痛みがある
  • 以前根管治療を行ったのに、また痛い

根管治療とは

一般的に「神経を抜く」と言われている治療です。神経や血管に虫歯菌が増殖している場合に、炎症による腫れ激しい痛みが発生します。
神経や血管に増殖した虫歯菌の除菌を行い、
損傷した歯と神経の一部もしくは全てを除去します。

根管治療の方法

根管治療の検査

 根管治療を行う際は、健康な歯や神経を傷つけることが無いよう、精密検査を行います。

  • レントゲン(虫歯の進行度検査)
  • CT検査(神経ダメージ検査)
  • マイクロスコープ検査(歯周病の進行具合検査)

根管治療の治療方法

 問診、視診、検査の結果により根管治療が必要だと診断した後で、

  • 患部への薬剤を詰める(虫歯菌の殺菌)
  • 歯と神経の除去(損傷個所の除去)
  • 被せものをする(歯の機能性を補填)

根管治療は精密治療が必要です

平山歯科では、根管治療の再発が出来る限り発生しないよう、
衛生管理を徹底して、
精密機器による精確な治療を行います。
特に、丁寧に、丁寧に虫歯菌の殺菌を行います。

根管治療を行わないと・・・

虫歯による炎症や感染をそのまま放置しておくと、 歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。
放置しておいても激しい痛みが続きますので、歯科医による検査と治療をおすすめします。

平山歯科の根管治療器具

根管治療機器

根管は非常に複雑です。そのため、根管を拡大・清掃する「ファイル」という器具を根管の先までしっかりと通し、感染した神経を取り除いて消毒する必要があります。

精密機器(DentaPort ZX)を用いて、根管が湾曲している部分など、微妙な根管の形に合わせて正確、精密にファイルを追従させることができます。

根管長測定機能付きモーター トライオートZX2

リアルタイムに根尖位置を高い精度で検出し、根管内でのファイル先端位置を液晶画面に表示ができ、作業長位置で自動的にストップ・リバースを行うことで根尖を突き抜けることを予防しますので、より安全に根管治療を受診して頂けます。

根管治療機器(根管充填薬管理)

根管治療の最後に、根管充填という治療を行います。

根管充填とは、根管治療によってきれいにした歯の神経が入っていた空洞に薬を詰めることにより空洞に細菌が繁殖しないようにします。

正確な温度管理により根管充填薬をしっかりと空洞に充填しいきます。

最新根管充填薬

根管治療を繰り返した場合、歯の根の先の空洞が大きく広がってしまう場合があります。

従来の根管充填薬では埋めることが難しい場合はMTAプラスという最新根管充填薬を使用して細菌の繁殖を防ぎます。

(ご注意)MTAプラスは保険適用外です。

口腔内X線撮影機器

口腔内をX線写真撮影機器です。X線画像処理システムにデータを取り込むことにより、精確な治療を受診して頂けます。

X線画像処理システム

X線写真による診断に、デジタル画像診断システムを導入しております。
デンタル画像診断システムでは、フィルムを使用せず画像を直接診察室にあるモニターに映し出すことができるため、スムーズに「見える」診察が可能になります。

X線撮影した画像はモニターに軟部組織から骨まで見ることができるようになり、診断精度が格段に上がります。

また、患者様にはその画像を示しながら説明することが可能です。また画像処理を加えながら説明できるので、患者様により深く理解していただくことができます。

口腔外バキューム

口腔外バキュームは、院内空間をクリーンにする為の吸引装置です。

歯を削る時には、口腔内バキュームを使用して口の中の金属や歯の削りカス、浮遊粉塵を吸引しますが、口腔内バキュームだけでは3割から4割しか粉塵を吸収していません。※「歯界展望」誌参照

「口腔内バキューム + 口腔外バキューム」を併用すると8割から9割の粉塵を吸収出来ます。※「歯界展望」誌参照

浮遊粉塵には感染症(B,C型肝炎、エイズウィルス等を含む)病原菌も含まれている為、平山歯科では患者様の健康を守る清潔な院内環境に努めています。

ヘッドランプ

口腔を明るく、拡大することが出来る装置です。

明るさも調整可能でありながら、患者様が熱く感じづらい光ですので快適に受診して頂けます。

肉眼と比較して精密な治療が可能になります。

TEL:047-367-9631